サプリメント図鑑>栄養成分 > 食物繊維>難消化性デキストリン

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリン(なんしょうかせいできすとりん)とは、ジャガイモやトウモロコシなどのデンプンを焙煎したあとでアミラーゼにより加水分解し、分解できない「難消化性」部分を取り出したレジスタントスターチの一種。

特定保健用食品において食物繊維としてお腹の調子を整える作用があるとして活用されており、便秘の改善(整腸作用)、食事によるコレステロールや中性脂肪の蓄積ならびに、血糖値の上昇を抑ええる作用など様々な生理作用がある。また、習慣的に難消化性デキストリンを摂取することにより、体内での糖コントロールがより正常にできるように体内環境の改善効果もあるとされる。
WHO(世界保健機関)においても難消化性デキストリンのについて一日の摂取量の上限を明確に定める必要のない、極めて毒性の低い食材としている。

ピックアップサイト

難消化性デキストリンの関連サイト

 

難消化性デキストリンに関するQ&A・クチコミ

難消化性デキストリンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした