サプリメント図鑑>栄養成分 > 抗酸化物質>フコキサンチン

フコキサンチンとは

フコキサンチンとは褐藻類の海藻に含まれているカロチノイド(色素成分)。橙色の色素成分であり抗酸化作用が強い。動物実験および細胞実験において抗がん作用が報告されている。また、一部の研究ではダイエット作用もあることがわかっている。ワカメ、昆布などに極微量に存在している。

海藻類に含まれる脂溶性カロテノイドで、ダイエットに効果があるものとして研究が進められている。ただし、フコキサンチンを使った食品(サプリメント)は、褐藻に含まれるフコキサンチンの絶対量が非常に少ない事から効率的な生産ができないためである。

 

フコキサンチンに関するQ&A・クチコミ

フコキサンチンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした