サプリメント図鑑>栄養成分 > ビタミン>水溶性ビタミン

水溶性ビタミンとは

水溶性ビタミン(すいようせいびたみん)とは、ビタミンの中で水にとける性質を持つもので、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンが挙げられる。

水溶性ビタミンの特徴としては、過剰に摂取した場合であっても尿として排出されることから、過剰症の恐れが無いことが挙げられる。
しかし、体内に貯蔵しておくこともできないため、毎日必要量を摂取する必要がある。サプリメントとして摂取する場合は一日にまとめてとるのではなく、複数回に分けて摂るのが良いとされている。

ピックアップサイト

水溶性ビタミンの関連サイト

 

水溶性ビタミンに関するQ&A・クチコミ

水溶性ビタミンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした