サプリメント図鑑>栄養成分 > ビタミン>ビタミンD

ビタミンDとは

ビタミンDとは骨や歯などの健康を保つために必要なビタミンの一種。脂溶性ビタミンに該当する。ビタミンDは小腸においてカルシウムやリンなどが吸収されるのを助ける働きをするほか、血中のカルシウム濃度を一定に保つ作用がある。

通常太陽の日光を浴びることでビタミンDは体内で合成されることから、過度にビタミンDが不足することはないが、幼児期など成長著しい時期はビタミンDを食品等から摂取すべきであるとされる(以前はこのため日光浴が推奨されていたが、近年では紫外線による皮膚がんなどに対する影響から控えるべきと勧告されている)。なお、食品としてはいわしやマグロなどの魚類の他、卵、バターなどにも多く含まれている。
ビタミンDが体内で不足すると乳幼児の場合はくる病のリスクが増大し、閉経後の女性の場合骨粗しょう症などのリスクが高まるとされる。

ピックアップサイト

ビタミンDの関連サイト

 

ビタミンDに関するQ&A・クチコミ

ビタミンDと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした