サプリメント図鑑>栄養成分 > ビタミン>ビタミンA

ビタミンAとは

ビタミンAとは、視力維持や皮膚・粘膜を丈夫にするという作用があるビタミンの一種で、脂溶性ビタミンに分類される。天然のビタミンAとしては、レチノール、ベータカロテンなどがある。不足すると夜間の視力低下(鳥目)や、肌の乾燥や口内炎などになりやすくなるとされる。レバーやウナギ、緑黄色野菜などに多く含まれている。

なお、動物性のビタミンAであるレチノールよりも緑黄色野菜に含まれるベータカロテンのほうが良い。(ベータカロテンには過剰摂取による障害がないものの、レチノールの場合過剰に摂取すると頭痛や吐き気、疲労といった過剰症が起こることがある)また、油と一緒に摂取すると吸収率が高まるため、野菜により摂取する場合などは野菜炒めなど、油と一緒にビタミンA(ベータカロテン)を摂取することでより効率よくビタミンAを摂取できる。

ピックアップサイト

ビタミンAの関連サイト

 

ビタミンAに関するQ&A・クチコミ

ビタミンAと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした