サプリメント図鑑>栄養成分 > ビタミン>ケルセチン

ケルセチンとは

ケルセチンとはリンゴや緑茶、たまねぎなどに豊富に含まれている色素成分で黄褐色。イチョウ葉エキスなどにも含有されており、抗酸化作用が強い。ポリフェノールの一種とされている。

ビタミン様物質としてビタミンPの一種ともされる。ケルセチンはアレルゲンに対して反応する免疫機構の働きを穏やかにすることで炎症などの下人となるヒスタミンの過剰分泌を抑制する作用があり、花粉症や喘息を抑える薬などにも配合されている。日本では2001年よりサプリメントとしての販売が許可された。

ピックアップサイト

ケルセチンの関連サイト

 

ケルセチンに関するQ&A・クチコミ

ケルセチンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした