サプリメント図鑑>生薬・漢方薬>桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)とは

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)とは、婦人科の治療に用いられることが多い漢方薬の一つ。 桂枝(けいし)、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんび)、桃仁(とうにん)、芍薬(しゃくやく)の5種類の生薬により構成される。日本では、桂枝の代用として肉桂を用いることがある。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)は血行をよくして熱のバランスを整えることから、のぼせや冷え性などを改善するほか、子宮の炎症を鎮めたりする。ホルモンバランスの改善にも効果がある。
主な桂枝茯苓丸の効能としては、骨盤内の血流を良くする作用があることから子宮筋腫、子宮内膜症、月経痛といった婦人病に対する症状に対して処方される。ただし、妊娠中の服用は適切ではないとされている。

 

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)に関するQ&A・クチコミ

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)と特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした