サプリメント図鑑>栄養成分 > その他有効成分>クルクミン

クルクミンとは

クルクミンとは秋ウコンに多く含まれている色素成分。香辛料であるターメリックの主成分でもある。抗酸化作用や抗炎症作用が強い。このほか肝機能の強化およびコレステロールの低減作用などの効果があるとされており研究が進められている。

多くのウコン食品などでその有効成分として明記されることが多いクルクミンであるが、その最も大きな作用として知られるが飲酒後の不快感等の緩和とされている。ウコンに含まれるクルクミンは、肝臓がアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドを分解する作用があり、この分解促進や胆汁分泌の促進などをクルクミンが行うことから、二日酔い対策のサプリメントなどに活用されている。

 

クルクミンに関するQ&A・クチコミ

クルクミンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした