サプリメント図鑑>栄養成分 > ビタミン>ビタミンD

ビタミンDとは

ビタミンDとは、骨や歯の健康を保つ上で重要とされる脂溶性ビタミン。小腸においてカルシウムやリンなどが吸収されるのを促進し、血中のカルシウム濃度を一定に保つといった作用がある。日本人の場合日光を浴びることでも体内でビタミンDが合成されるうが、骨の形成期である成長期や幼児、高齢者などはビタミンDが不足する場合もある。

ビタミンDが豊富に含まれる食品としてはマグロやイワシといった魚類や卵黄、バターなどにも豊富に含まれる。ビタミンDが体内で不足すると幼児の場合「くる病」がリスクとして上げられ、成人の場合は骨軟化症、閉経後の女性では骨粗しょう症などのリスクが高まる。ビタミンDの性質からカルシウムと一緒に摂取することで効果が高まる。サプリメントなどはカルシウムに対してビタミンDを配合したものが主流。

ピックアップサイト

ビタミンDの関連サイト

 

ビタミンDに関するQ&A・クチコミ

ビタミンDと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

見つかりませんでした