サプリメントの選び方ガイド健康食品・サプリメントの活用法>特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品

特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品とは

近年様々な食品などに特定保健用食品や栄養機能食品と明記されるものが増えてきました。ここでは、これら特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品また、これらとサプリメントの違いについてそれぞれをわかりやすく解説していきます。

 

保険機能食品制度とトクホ・栄養機能食品

「サプリメントとは」で解説したように、日本にはサプリメント・健康食品という商品の分類はありません。そこでその定義や制度の決め方をめぐって2001年に保険機能食品制度というしくみが定められました。

ここでは、国が定めた基準を満たした食品については保健機能を表示することができるというように決められました。さらに、保健機能食品には、科学的な根拠を示し表示許可をえたものを「特定保健用食品(トクホ)」として、特定の栄養素を一定量以上含めば表示が可能となる「栄養機能食品」に分類されました。

そして、そのいずれも満たさない従来のサプリメントや健康食品を、「いわゆる健康食品」というように定義されました。

 

いわゆる健康食品と保健機能食品の違い

保健機能食品は、特定の条件を満たしていることから、その食品による健康効果をうたうことが可能となります。例えば、特定保健用食品である「キシリトール」では「虫歯の原因になりにくい食品です」と表示されます。対して一般的な健康食品においてはそういった具体的な効果効能をパッケージ等に記載したり、宣伝したりすることができません。