サプリメント図鑑たんぱく質・アミノ酸アラニン >  アラニンに関するQ&A

界面活性剤、防腐剤、着色料、アルコール、パラベン不使用と宣伝し …

2013年09月08日 Q.質問
界面活性剤、防腐剤、着色料、アルコール、パラベン不使用と宣伝してあるのですが、実際どおですか?クレンジングの成分です。水、ヤシ油脂肪酸、PEG7グリセリル、PPG14ジグリセリル、DPG、ペンチレングリコール、グリチルリチン酸2k、トルマリン、ポリクオタニウム51、BG、ビターオレンジ果実エキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、ベタイン、PCA Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、ヒオウギエキス、アロエベラ液汁、グレープフルーツ果皮油、カルボマー、水酸化K、グリセリンよろしくお願います!


2013年09月14日 A.回答
あまり綺麗に落ちなそうなクレンジングジェルの処方です。その分肌には優しいと思われます。ただ、防腐剤はペンチレングリコールが入っています。メーカーはこれを保湿剤と言うでしょうが、防腐を目的に配合しているので防腐剤と言うべきです。元々、洗い流すものにあれこれ入れる必要はないのに、植物のエキスやアミノ酸を入れて高価な感じを演出しています。しっかり落とし、のちにしっかり洗顔すれば安価なクレンジングの方が経済的ですよ!高いクレンジングを使っても、その後入浴するなら意味はほとんどありません(^^;;ちなみにヤシ油脂肪酸PEG7グリセリルという1つの原料です。またPPG14ジグリセリルとヤシ油脂肪酸PEG7グリセリルは界面活性剤ではありません。BGもアルコールではありません。BGは多価アルコールで、化粧品のアルコールフリー表記はエタノールを指しているので多価アルコールが入っていても「アルコールフリー」となります。従って「界面活性剤、防腐剤、着色料、アルコール、パラベン不使用」はまんざら嘘ではありません。でも、肌に安心という意味では確約は出来ないという状況です。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。