サプリメント図鑑>栄養成分 > 抗酸化物質>フコキサンチン

フコキサンチンとは

フコキサンチンとは褐藻類の海藻に含まれているカロチノイド(色素成分)。橙色の色素成分であり抗酸化作用が強い。動物実験および細胞実験において抗がん作用が報告されている。また、一部の研究ではダイエット作用もあることがわかっている。ワカメ、昆布などに極微量に存在している。

海藻類に含まれる脂溶性カロテノイドで、ダイエットに効果があるものとして研究が進められている。ただし、フコキサンチンを使った食品(サプリメント)は、褐藻に含まれるフコキサンチンの絶対量が非常に少ない事から効率的な生産ができないためである。

 

フコキサンチンに関するQ&A・クチコミ

フコキサンチンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

フコイダンよりフコキサンチンのサプリメントがいいということでしょうか …
乳がんステージ4で肝臓とリンパに転移があり、根治は困難と言われ、今は薬物治療をしています。抗がん剤はエンドキサンとファルモルビシンです。代替医療を調べてい …
フコキサンチンの飲用について、簡単にお教えいただければ幸甚です。高価ですので、安易に購入ができません。 ただ、本当によいものなら、飲用したいと切望します。 …
腫瘍の治療の実態におくわしい方、また、医療関係者の方、 再度、腫瘍にたいする「フコキサンチン約300mg/日飲用(フコイダンではありません)」の影響につ …
がんの代替医療で、2012年現在、フコキサンチンの使用実態について、アメリカなどのデータもあれば、お教えいただければ幸甚ですインターネットで、がんにフコキ …
フコキサンチン含有のサプリは高価なものが多いのですが、ダイエット用に販売されている、フコキサンチン含有のサプリは低価格の物が多いです。何が違うのでしょうか …

Webサービス by Yahoo! JAPAN