サプリメント図鑑>栄養成分 > 抗酸化物質>テアフラビン

テアフラビンとは

テアフラビンとは、紅茶を淹れたときにでる色素成分(橙赤色)でポリフェノールの一種。緑茶に含まれているポリフェノール成分であるカテキンが2個結合したもの。カテキンと同様にテアフラビンは高い抗酸化作用をもっており、動脈硬化や生活習慣病の予防やシミといった老化抑制作用があるとされる。紅茶フラボノイドとも呼ばれる。

風邪やインフルエンザ予防にも効果があると言われている。

ちなみにテアフラビンの橙赤色の色素は液体内が中性の状態では橙赤色だが、酸性になると薄くなる。紅茶のストレートティーが橙赤色なのに対して、レモンティーにすると色が薄くなるのはこの作用である。(レモンに含まれるクエン酸によって紅茶が酸性に傾くため)

テアフラビンおすすめの情報

紅茶の成分

 

テアフラビンに関するQ&A・クチコミ

テアフラビンと特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

アメリカのサプリメント飲んだことありますか?効果どうですか?日本のサプリよりも効果があるって聞いたので、是非試してみたいのです。ちなみに悪玉コレステロール …

Webサービス by Yahoo! JAPAN