サプリメント図鑑>栄養成分 > ビタミン>ビタミンB15

ビタミンB15とは

ビタミンB15とはパンガミン酸と呼ばれる成分のことで脂質の代謝に関係されるとされる成分のこと。1951年に発見されビタミンB様の作用を持つことからビタミンB15と命名されたが、人間にとって必須の成分かどうかがわかっておらず、現在ではビタミンBの仲間に入れないという見解が主流である。

 

ビタミンB15に関するQ&A・クチコミ

ビタミンB15と特に関連が深いと思われるQ&A(質問)情報をやクチコミ情報などを集めています。

最近舌苔が凄いんです 舌一面に薄い緑色の舌苔がびっしり 歯磨きに専用ブラシで取ってるけどこびりついて取れないです 原因はなんですか? またいい除去方法あり …
血液検査で、γ-GTPが80・ピルビリンが15で正常値より高く、エコーでも軽い脂肪肝と言われました。酒が好きで毎日飲むので、アルコール性だと思います。持病 …

Webサービス by Yahoo! JAPAN